AFT(Advanced Format Technology)対応の確認の仕方

最近のHDDは、セクターサイズが4096Bになっているものがあるらしい。
HDDを物色していて、「XPでは性能が落ちます!」などコメントがあったら、そのディスクはAFT対応HDDらしい。

そもそもAFT(Advanced Format Technology)ってなに?というところが疑問だったので少し調べてみた。

AFTとは、HDDの内部のセクターという部分のサイズが512Bから4096Bになったものを指すみたい。
こうすることで、ディスクのパフォーマンスは上がるし、エラー訂正制度は上がるしといいことだらけなようです。

でも、やはり欠点はあるようで、XPでAFTディスクを使うとパフォーマンスが低下するとのこと。
それは、論理セクターの開始位置が、MBRの後ろの63セクター目から始まるためらしい。

この辺はこちらのサイトに詳しくのっていた。

自分のPCのHDDのAFT対応状況もちょっと気になるところ。

ということで、最近購入したサーバーのHDDを確認してみた

Windowsであれば、Fsutil fsinfo ntfsinfo ドライブ名 でわかるらしい。

結果は下の通り。

残念ながら「セクターあたりのバイト数が512」だったので非AFTHDDでした。

さてAFT対応HDDに出会えるのはいつになるでしょうねw

<pre>

C:\Windows\system32>Fsutil fsinfo ntfsinfo C:
NTFS ボリューム シリアル番号            : 0xc4209a21209a1b0e
NTFS バージョン                         : 3.1
LFS バージョン                          : 2.0
セクター数                              : 0x000000000c34ffff
総クラスター数                          : 0x0000000001869fff
空きクラスター数                        : 0x000000000107aca1
総予約数                                : 0x0000000000000780
セクターあたりのバイト数                : 512
物理セクターあたりのバイト数            : 512
クラスターあたりのバイト数              : 4096
ファイル セグメントあたりのバイト数     : 1024
ファイル セグメントあたりのクラスター数 : 0
MFT の有効なデータ長                    : 0x0000000006e80000
MFT 開始 LCN                            : 0x00000000000c0000
MFT2 開始 LCN                           : 0x0000000000000002
MFT ゾーン開始                          : 0x00000000000c6580
MFT ゾーン終了                          : 0x00000000000cc820
リソース マネージャー識別子:     ACE0E2D1-D6CB-11E1-97D6-889F02271BB2

C:\Windows\system32>Fsutil fsinfo ntfsinfo D:
NTFS ボリューム シリアル番号            : 0x689aa06d9aa03988
NTFS バージョン                         : 3.1
LFS バージョン                          : 2.0
セクター数                              : 0x000000002dbbefff
総クラスター数                          : 0x0000000005b77dff
空きクラスター数                        : 0x0000000003cc7a6d
総予約数                                : 0x0000000000000000
セクターあたりのバイト数                : 512
物理セクターあたりのバイト数            : 4096
クラスターあたりのバイト数              : 4096
ファイル セグメントあたりのバイト数     : 1024
ファイル セグメントあたりのクラスター数 : 0
MFT の有効なデータ長                    : 0x0000000002280000
MFT 開始 LCN                            : 0x00000000000c0000
MFT2 開始 LCN                           : 0x0000000000000002
MFT ゾーン開始                          : 0x00000000000c0c40
MFT ゾーン終了                          : 0x00000000000cc840
リソース マネージャー識別子:     755732C8-11B4-11E2-93EA-009C029F6481

</pre>

 

その他、参考サイト

3月版 2TBを超えろ! ATAディスクの4Kセクタ問題とは?

AFTと非AFT ハードディスク

仮想ディスク(VHD)のパフォーマンス問題

広告

2 Responses to AFT(Advanced Format Technology)対応の確認の仕方

  1. 名無し says:

    いや、”物理セクターあたりのバイト数”が4096になっている方がAFTだからこれ

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。